産地直送ブランド

産地直送ブランド いのうえ黒豆農園のこだわり「産地直送ブランド」を紹介します!

最近よく口にされている「産直(産地直送)」って言う言葉の裏には何が秘められているのでしょうか。現在、全国あちこちのスーパーや百貨店で、実に様々な商品が手に入り、ところ狭しと陳列されています。しかし、よく考えてみると、それが飛ぶように売れているでしょうか?不景気で大小の小売業も店じまいに追い込まれる中、生き残りを掛けて商品にこだわっています。“でも、売れない!”巷では地方に問い合わせて、高い送料を払ってまで買っている商品が、近くのスーパーなんかに並べられても、お客さんは見向きもしないですよね〜

ここで、その理由として一つ目に、「価格」が上げられるでしょう。もちろんその価格は小売店にとっては、利益の出せる設定ではありません。ましてや、ほとんど利益のない状態です。それで、売れないのは単に「小売店価格自体が疑問?」って考えられているからではないのでしょうか?そして、そんな小売店で買っても、店員の誰一人として、その商品の説明やストーリーを聞かせてくれません。しかし、地方発送で送られてきた商品は、必ずその物の“しおり”や生産者からの心のこもった声が入っています。そして、送られてきた地方の空気と、真心が箱を開けると香ってくるのです。

二つ目には、提供者(小売店と産地直送)の違いによる消費者に対しての感覚の違いです。小売店は大量に仕入れて、大量販売することによってコストを下げて利益を生んできました。そして、小売のバイヤーは地方の業者に無理な商品提供を強要をし、原価設定の低い商品を仕入れるために、産地直送の地方の香りもカットさせてしまうのです。だから、結局は小売店で並んでしまうと、他の商品と一緒なんです。だから、売れないんでしょうね。結局は原価の低い商品=三流商品なんですよね。ところが、地方の生産者はあくまでも、商品にこだわり、品質はもちろんのこと、いつも買ってくれているお客さんの顔を浮かべて作っています。そして、自社利益よりも、まずは「おいしい!」の声を待っています。値段も小売や卸のマージンに叩かれない商品は、何にも換えられない「品質保証とブランド」です。値段も仲介がないので、安く!よく計算すると送料を含めても安いんです。じゃ〜そんなことがあまり気づかれないのは、田舎者の商売の下手さ、もしくはガンコさなのかもしれませんね!バンバン広告でも打っていけばいいんですが、広告料をつけて売るより、その分、確かな商品が安くお客さんに手に入るようにとの、心遣いなのです。

現在当園でも、多数の小売業者や卸の依頼がありますが、あえて当園の気持ちと商品の良さを買って下さる方にだけ、「いのうえ黒豆」のブランドを貼ってお送りさせて頂いています。しかし、そうでない業者には一切をお断りしています。(ほとんど断っています)

そして、通信販売部門では、周りでは考えられないような値段の商品を喜んで承っております。黒豆はただでさえ希少価値も高く、丹波の一流の黒豆は他の物とは比較にならないぐらい、高いんです。しかし、それをできるだけ価格を安くしてご提供させていただくことにより、味も一流の商品を楽しんでいただくことが出来ます。

ってな感じで、一度買われたことのあるお客様は、なんとなく心当たりがあるのではないのでしょうか?今のところ、まだまだ、通信販売といった産地直送販売形態はなじんでおりません。それは、一昔前にあった、通販:送り込み商法などの悪徳業者の影響もあって消費者には多大な不安をあたえてしまいました。とくに、到着した商品のことや代金の支払い方法などで、問題なくても躊躇してしまっている人が多数おられると思います。

しかし、そんな業者も少なくなり、通信販売業者といった産地直送の信頼も高まってきています。もともと、こういった「産地直送型の通信販売」は、商売ってことよりも、全国各地のお客様から、直接のお声を頂いたことがきっかけなんです。「美味しかったんですけど....おくっていただけませんか?」というのも、当園では数多いお客様です。

今現在、お客様の知識も高く、よい商品を知っています。だから、都心や都会で競争に打ち勝つためのビジネスを駆使して出てきた商品でも、お客様にはバレているのでしょう。そして、本場なら、本当に良い商品が洗練されお届けできることもお分かりの通りです。それが、産地直送ブランドの秘密であるとともに、当園もそんなお客様の期待に答えるべくこれからも努力していきたいと思います。