黒豆を通信販売という形でお取りよせ(産地直送)できるホームページです!黒豆茶・黒豆の煮汁も好評です!

15,000円以上で送料無料

丹波黒大豆枝豆の栽培と収穫について

丹波黒大豆枝豆の栄養価は? トレーニングやダイエットへの効能を調査

「丹波黒大豆枝豆」は、丹波育ちの豆のうちの一種です。お正月によく食べられている黒豆を、まだ若い時期(さやの状態)で食べることをいいます。

この「丹波黒大豆枝豆」について、ここでは取り上げていきましょう。

丹波黒大豆枝豆の栽培と収穫について

丹波黒大豆枝豆の栽培と収穫について

https://pixabay.com/ja/

写真引用:Pixabay

丹波黒大豆枝豆は、「若いときに収穫しなければならない」という決まりがあるため、その収穫時期は非常に短いといえます。丹精を込めて育てた野菜である丹波黒大豆枝豆は、10月中旬の僅か2週間の間しか収穫することができません。一般的なエダマメの収穫期間は1か月程度ですから、それに比べると非常に短いというのがわかります。

なお、丹波黒大豆枝豆の場合、「黒豆」としていますが、丹波黒大豆枝豆の豆は黒くもなんともありません。ごく一般的な色をしています。育つうちに枯れていくことで、私たちがお正月に目にする「黒豆」のかたち・色になるのです。

春に種まきをし、肥料などにもこだわり、丁寧に栽培してきた黒豆のほんの一部を収穫、商品化しているこの丹波黒大豆枝豆は、一般的なエダマメともまた異なる甘味を持つとして、多く人に愛されています。

  • 「少し珍しい枝豆が食べたい」
  • 「いつもとは違う枝豆を試してみたい」
  • 「本当においしい枝豆に出会いたい」

という人は、ぜひ丹波黒大豆枝豆を試してみてください。

丹波黒大豆枝豆の栄養について知りたい~アントシアニン

丹波黒大豆枝豆の栄養について知りたい~アントシアニン

https://pixabay.com/ja/

画像引用:Pixabay

丹波黒大豆枝豆は、非常に高い栄養価を持っています。丹波黒大豆枝豆のなかで特に有名なのは、「アントシアニン」です。ポリフェノールの一種であり、さまざまな健康に良い効果を私たちに与えてくれます。

たとえば、視力回復効果。ポリフェノールによって、目の機能が良くなるとされています。

さらに、この「抗酸化作用」は、動脈硬化などの重い病を起こしにくくするとされています。血管を広げたり、毛細血管を保護したりする効果が期待できることから、血栓が起きにくくなるわけです。

それ以外にも、アントシアニンには「美肌効果」も期待することができます。抗酸化作用によってニキビができにくい肌を作ったり、肌荒れや肌トラブルを防いだりすることができると考えられています。加えて、丹波黒大豆枝豆の持っている作用のひとつとして、「コラーゲンを安定した状態にする効果」があります。ご存知の通り、コラーゲンは人の肌のハリを保つために非常に重要な成分です。コラーゲンは加齢とともにその質と量が落ちていくものですが、丹波黒大豆枝豆に含まれているアントシアニンは、今現在存在しているコラーゲンを安定させるのと同時に、新しくコラーゲンが生成されていくのも手助けするとされています。

このように、丹波黒大豆枝豆に含まれている「アントシアニン」には、健康と美容の両面から私たちのことを支えてくれるわけです。

丹波黒大豆枝豆の栄養について知りたい~ビタミンB群

「アントシアニン」は丹波黒大豆枝豆の非常に重要な栄養素ですが、それ以外にも、丹波黒大豆枝豆にはビタミンB1ビタミンB2が含まれています。これも、私たちにとって非常に重要なものです。

ビタミンB1は、疲労を回復する効果を持っている成分です。また、神経系を健康な状態に維持するために使われる成分でもあります。さらに、ビタミンB1は糖質の代謝に関わるため、糖質を気にする人にとっては特に重要になってくる成分だといえるでしょう。

ビタミンB2は、ダイエットにも関わってくるものです。脂肪を燃やす効果があり、糖尿病を予防する効果を発揮します。また、生活習慣病全般の予防に役立ちます。たとえ生活習慣病を患っていても、それを改善する効果もあるため、非常に頼りになる栄養分だといえます。

さらに、ビタミンB2には、新陳代謝を活性化させ、粘膜などを正常な状態に保つため役立つという効力を期待することができます。そのため、この角度から見れば、ビタミンB2は若返りや成長を促進する効果の見込める栄養分といえるでしょう。

ここでは、丹波黒大豆枝豆に含まれる代表的な栄養分を取り上げてきました。しかし実際には、さらに、食物繊維やたんぱく質なども含まれています。これらもまた、私たちを健やかな状態に保つために役立つものです。

丹波黒大豆枝豆は、「ローカロリーであり、量も食べられるのに、健康や美容に良い」という点が優れています。食味に優れているのも丹波黒大豆枝豆の特徴で、食べることがむしろ楽しみになるでしょう。

ぜひ丹波黒大豆枝豆を食べてみてくださいね。レシピとしては、ごく簡単に塩ゆでにするのがよいでしょう。シンプルながらも、しっかりとした味わいが感じられるはずです。ビールに合わせてもよし、日本酒に合わせてもよし、お子さんのおやつや夕飯のサイドメニューとして出してもよし……と、さまざまなところで活躍します。また、丹波黒大豆枝豆を使ってパスタなどを作っていくのも面白いですね。

The following two tabs change content below.

鍋谷萌子

食事関係の資格を5つ持つ、フードライターです。世界各国でグルメ旅行をしています。専門はチーズとワインとコーヒーですが、日本料理にも明るいライターです。 料理の品評・料理レシピの提供も可能。『だれでも作ることができて、ちょっとおしゃれで、少し目新しいきれいな料理』のレシピをおつくりします。