黒豆を通信販売という形でお取りよせ(産地直送)できるホームページです!黒豆茶・黒豆の煮汁も好評です!

15,000円以上で送料無料

女性のお歳暮には「丹波黒豆煮」がおすすめ! その理由とは?

女性のお歳暮には「丹波黒豆煮」がおすすめ! その理由とは?

ふっくらとおいしく煮込まれた「丹波黒豆煮」は、お歳暮におすすめの一品です。その理由について紹介していきましょう。

黒豆を煮込むのはなかなか大変! 丹波黒豆煮のレシピはいろいろあるけれど……

https://pixabay.com/ja/

画像引用:Pixabay

「黒豆」は、お正月料理の定番料理のうちのひとつです。「まめまめしく働く」という意味や、「まめに(丁寧に)暮らす」という意味を持っており、おせち料理の一の重によく入れられます。

しかしこの「黒豆」を作るのはなかなか大変です。

現在はインターネットに情報があふれているため、レシピを探すことはそれほど難しくはありません。

しかし作り方を調べれば、工程の多さに驚く人も多いはずです。砂糖をしっかり入れて、鍋(圧力鍋を使うやり方もあります)で煮込んで、煮汁を大豆にしっかりしみこませて……と、時間が非常にかかるのがデメリットです。作り方によっては、大みそかからでは間に合わず、3日前の28日ごろから仕込まなければならなくなっているものもあります。また、黒豆はかなり多い分量で売られていることも多く、2人暮らしなどの場合は持て余してしまうことが多いことでしょう。

「2人分のときの砂糖の分量が分からない!」

「小さじではかるとするとどれくらいになるのかよく分からない」と困る人もいるのではないでしょうか。

また、少人数しかいない場合、大量に作っても保存が難しくて困ってしまうこともあります。

もちろん、料理が趣味である人にとっては、「上質な豆を、一から煮込んで作る黒豆」がおすすめです。自分の家庭で、一から作り上げる丹波黒豆煮は、それだけで特別なものです。自分好みに味付けをすることもできますし、家庭の味を引き継いでいくこともできます。また、「おせちを自分の力で作り切った」ということで、達成感を味わう人もいるでしょう。

このような場合は、生の黒豆を作って一から自分で炊き上げていくことをおすすめします。既製品の丹波黒豆煮とはまた違った味わいの黒豆ができあがるでしょう。

「既製品の丹波黒豆煮」と「生から作っていく丹波の黒豆煮」のどちらが良い・悪いといえるものではありません。

ただ、「ちょっとラクをしたいな」「確実においしいものを食べたい」「保存などが困る」という人はすでに炊きあがっている丹波の黒豆煮を、「自分で一から作りたい」「味にこだわりがある」「家庭の味を引き継いでいきたい」という人は生豆から炊き上げる方法を選ぶとよいでしょう。

丹波の黒豆煮はお歳暮に最適

丹波黒豆煮

ただ、ここでひとつ問題になるのが、「黒豆煮はいろいろありすぎてどれを選べばいいかわからないし、自分で選ぶとなるとついつい値段で選んでしまいがち」ということです。

お歳暮として丹波黒豆煮が受け入れられやすいという理由は、ここにあります。

高級で上質な丹波黒豆煮は、自分で買うには少し思い切りが必要なものです。しかしその分、どなたからか「お歳暮」といったかたちで受け取ると非常にうれしいものでもあります。お歳暮はおせちの材料を買い込む前に贈るものですから、重複することもありません。「おせちの一品に加えてください」という気持ちで、質の良い丹波黒豆煮をお贈りすれば、先方様もきっと喜んでくれることでしょう。

「いつもは家で作る」としているご家庭の場合も、たまには目先が変わってよいものです。また、食べ比べなどをして楽しんでもらうこともできます。「お客様がたくさん来て、炊き上げておいた分では間に合わない」といった場合には、ピンチヒッターとして活躍してくれるでしょう。

いずれにしても、丹波黒豆煮はいわゆる「キエモノ」にあたるものです。そのため、受け取った方も負担なく使うことができます。

丹波黒豆煮はグラム数を選んで贈るとなおよし

ご家庭によって、必要となるであろう丹波黒豆煮の量は異なります。お歳暮として贈る場合は、このあたりも考慮するとよいでしょう。

「何グラムのものを用意しているか」はお店によって異なりますが、比較的小さ目のサイズと大きなサイズの両方を扱っているところが使いやすいでしょう。小さ目のサイズは必然的にお値段も安くなります。それが気になるようであれば、ほかの商品と一緒に「詰め合わせ」というかたちにしてお贈りするのもひとつの手です。

その際は、飲み物やお菓子など、さまざまなカテゴリーのものから選んでお贈りすると、相手の負担になりにくいと思われます。

「丹波黒豆煮」は、「自分で買うには少し高いからこそ、もらったらうれしいもの」でもあります。「毎年買って済ませる」というご家庭にも、「毎年自宅で炊き込んでいる」というご家庭にも喜んでいただけるものでしょう。

また、ご家庭に応じて、分量を調整することもある程度は可能です。

もらってうれしい、贈ってうれしい「丹波黒豆煮」を、今年のお歳暮の候補に加えてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

鍋谷萌子

食事関係の資格を5つ持つ、フードライターです。世界各国でグルメ旅行をしています。専門はチーズとワインとコーヒーですが、日本料理にも明るいライターです。 料理の品評・料理レシピの提供も可能。『だれでも作ることができて、ちょっとおしゃれで、少し目新しいきれいな料理』のレシピをおつくりします。