黒豆を通信販売という形でお取りよせ(産地直送)できるホームページです!黒豆茶・黒豆の煮汁も好評です!

15,000円以上で送料無料

ギフトには丹波黒豆を活かした黒豆洋菓子が便利!その訳とは?

ギフトには丹波黒豆を活かした黒豆洋菓子が便利!その訳とは?

黒豆を使った洋菓子(以下「黒豆洋菓子」は、ギフトに非常に向いているものです。
ここでは、実際に黒豆洋菓子を食べてきたフードアナリストの私が、その理由について解説していきます。

黒豆洋菓子はギフトにおすすめ!その理由は?

黒豆洋菓子はギフトにおすすめ!その理由は?

黒豆洋菓子がギフトにおすすめであると考えられる理由は、大きく4つに分けられます。
・老若男女、だれにでも好かれやすい
・賞味期限が長いものも多い
・丹波の黒豆を使ったものは高級感がある
・縁起もよく、健康的な食べ物でもある

1つずつ解説していきます。

老若男女、だれにでも好かれやすい

黒豆洋菓子は、「和」の食材である黒豆と、「洋」のお菓子の性質を持っているものです。
もちろん好みは人によって異なりますが、一般的に、ご年配の方は和の食材や料理やお菓子を、若い方は洋の食材や料理やお菓子を好まれる傾向にあるかと思われます。

このようなことから、和の食材を用いながらも、それを洋のお菓子に仕立て上げた「黒豆洋菓子」は、どの世代にも愛されるでしょう。

賞味期限が長いものも多い

和菓子でも洋菓子でも、生菓子は賞味期限が短いものです。
しかし加工された黒豆洋菓子の場合、賞味期限が3か月ほどもある場合も珍しくありません。
年末年始や新年度の場合、「新しい年のごあいさつに」ということで、多くのギフトが寄せられるお宅も多いことでしょう。このようなシチュエーションでも、日持ちのする黒豆洋菓子は、非常に喜ばれます。

なお、この観点から黒豆洋菓子を選ぶのであれば、内容量がそれほど多くないものや、個別包装になっているものが喜ばれるでしょう。特に個別包装になっているものは、「開封したら一度に食べきらなければならない」というプレッシャーとも無縁ですし、小腹がすいたときにつまむこともできます。
会社など、多くの人が出入りする場所に贈る場合も、個別包装のものがおすすめです。

丹波の黒豆を使ったものは高級感がある

これは「黒豆洋菓子」というよりも「丹波の黒豆を使った黒豆洋菓子」に限定される特徴かもしれませんが、丹波の黒豆を使った洋菓子は非常に高級感があります。

丹波の黒豆は、一般的な黒豆とは味も香りも値段も異なります。非常に品質がよく、黒豆洋菓子に加工した場合であっても香りや味が損なわれることがありません。バターや小麦粉と混ぜたとしても、豊かな黒豆の香りが残り続け、高級感が出るのです。

縁起もよく、健康的な食材でもある

また黒豆は、「健康的な食べ物」「縁起の良い食べ物」という性質を持ちます。
おせち料理にも黒豆は入れられていますが、これは「まめまめしく働けるように」といった意味があります。加えて栄養価も豊富です。

このようなことから、年末年始や新年度のごあいさつといった「改まった場でのギフト」にも最適なのです。

現在は選択肢も豊富!黒豆洋菓子の種類について

現在は選択肢も豊富! 黒豆洋菓子の種類について

昔は「少々珍しいもの」という位置づけだった黒豆洋菓子ですが、現在は非常に選択肢が豊富です。

たとえば、下記のようなものが挙げられます。
・黒豆ケーキ
・黒豆クッキー
・黒豆フィナンシェ
・黒豆ゼリー
・黒豆マドレーヌ

上記では除外しましたが、「生菓子」も選択肢に入れるのであれば、チーズケーキやチョコレートケーキ、抹茶ケーキにシフォンケーキ、マカロン……と、さらに選択肢は増えます。
現在は「黒豆を使った洋菓子」に限定したとしても、「種類が少なくて選べない!」となることはまずないでしょう。また黒豆洋菓子を扱うお店のなかには、「黒豆を使ったケーキも、複数種類の味を展開している」「クッキーを販売しているが、種類はいろいろある」としているところもあります。通販に対応しているお店も増えていますから、ぜひ検討してみてください。

なお、丹波篠山いのうえ黒豆農園では、「黒豆ケーキ」「黒豆クッキー」「黒豆フィナンシェ」を展開しています。

売り上げNO1(2022年4月初旬現在)の丹波黒豆ケーキ(プレーン)はこちらからご購入いただけます
https://www.kuromame.co.jp/i/1203

なお、配りやすくて食べやすい個別包装もご用意しています
https://www.kuromame.co.jp/i/1204
※冷凍庫で保管した場合はアイスケーキのようになりますし、冷蔵庫にいれればしっとりとした食感を楽しめます。もちろん、そのまま食べてもふんわりとおいしく食べることができます。

黒豆を使ったクッキーは、2種類展開しています。同じ「クッキー」のカテゴリーでも、味わいや食感が大きく異なるので、ギフトとして贈る前に食べ比べてみるのも楽しいものです。

ショコラの風味が優しい「黒豆きなこほろどけハートショコラドクッキー」はこちらからどうぞ
https://www.kuromame.co.jp/i/663

ざっくりとした食感が楽しい「黒豆きな粉ベイクドクッキー」は、まったく違う味わいです
https://www.kuromame.co.jp/i/680

黒豆ときなこを使った黒豆きなこフィナンシェは、ゆたかなバターの香りが楽しめる一品です。コーヒーやお茶と合わせても楽しめることでしょう
https://www.kuromame.co.jp/i/1243

The following two tabs change content below.

鍋谷萌子

食事関係の資格を5つ持つ、フードライターです。世界各国でグルメ旅行をしています。専門はチーズとワインとコーヒーですが、日本料理にも明るいライターです。 料理の品評・料理レシピの提供も可能。『だれでも作ることができて、ちょっとおしゃれで、少し目新しいきれいな料理』のレシピをおつくりします。