黒豆を通信販売という形でお取りよせ(産地直送)できるホームページです!黒豆茶・黒豆の煮汁も好評です!

15,000円以上で送料無料

丹波黒豆そばが美味しいって本当?茹で方や食べ方を紹介

丹波黒豆そばが美味しいって本当?茹で方や食べ方を紹介

「そば」は、非常に長い歴史を持つものです。
そしてその長い歴史のなかで、そばはどんどん進化し、また多様性を持つように変化してきました。
今回はそんなそばの種類のうちの一つである「丹波黒豆そば」についてとりあげ、その特徴や茹で方、購入の仕方などについて解説していきます。

そばそのものの歴史について

そばそのものの歴史について

丹波黒豆そばの歴史を知る前に、まずは「丹波黒豆そばの原型とも言えるであろう、『そば』そのものの歴史」について知っておきましょう。

そばの歴史は非常に古いものです。
日本のそばの「元祖」ともいえるものは、中国の雲南省にあるとされています。中国雲南省~ヒマラヤのあたりが、植物のそばの元々の「生まれ故郷」だと考えられています

ただ、日本でもそば(植物)は昔から愛されてきました。そば(植物)は、日本においてはなんと9000年ほども前にその歴史の端があるとされています。縄文時代において、すでに高知県でそば(植物)が育てられていたとされているほか、現在の埼玉県でも3000年ほど前の遺跡からそば(植物)の種子が見つかっています。

もちろん、この時代のそばが現在のそばのように洗練されていたとは考えにくいでしょう。今のそばは歴史と技術に磨かれて「成長」してきたものであるため、このころのそば(植物)とは大きく様相が異なると考えるのが自然です。

ちなみに、日本の文献に初めてそばが登場するのは、797年の「続日本紀」です。そこに、「今年は雨が少なくて、田畑のものがよく実らなかった。そのため、そばや小麦などを植えて蓄えておくように」といった記述がみられます。そばは寒さに強く、どのような土地でも育ちやすいというのがこのように書かれた理由だと思われます。

ちなみに現在の「そば」というと、灰色で、麺状のものを指すのが一般的です。ただしこれは比較的新しい概念であり、16世紀ごろまでは麺の形にはなっていなかったとされています。現在のような麺状になったのはいつからか? というシンプルかつ興味深い質問への回答は、今のところ見つかっておらず、今でもときどき議題に挙げられているそうです。

丹波黒豆そばの魅力を知ろう

丹波黒豆そばの魅力を知ろう

上記で挙げたように、そばはそれ自体が非常に長い歴史を持つものです。きっとそばという植物が、飢える人を助けたこともあったでしょう。
そのようにして多くの人を支え多くの人を養ってきたそばは、現在ではグルメカテゴリーのひとつとなっています。

現在はそばのかたちや原材料も多様化していっています。またいろいろなお店がさまざまな工夫をこらしたそばを打ち出しており、個性豊かなそばもみられます。

そんなそばのひとつとして、「丹波黒豆そば」があります。

「丹波黒豆そば」と一口に言ってもその製法はさまざまです。
ただ一般的には、丹波黒豆そばは、「そばの麺を作る過程で、丹波の黒豆を練りこんだそば」と解釈されます。
丹波の黒豆の香りが感じられるように作られているものが多く、そばならではの歯ごたえやのど越しも楽しめるようになっています。

丹波篠山いのうえ黒豆農園でも、この「丹波黒豆そば」を扱っています。

丹波篠山いのうえ黒豆農園の丹波黒豆そばは、一般のそばに比べて少々太めで、どっしりとしています。無骨な印象を与える丹波黒豆そばですが、腰の強さが特徴で、しっかりした歯ごたえと喉越しが魅力です。

丹波篠山いのうえ黒豆農園の丹波黒豆そばのつくり方は簡単です。
1.大きな鍋に水を2リットル程度入れる
2.1を十分に沸騰させる
3.2の中に、丹波黒豆そばをほぐしながら入れる
4.9~10分程度茹でる
これで基本の丹波黒豆そばができあがります。

ざるそばにしたい場合は、4の後にざるにとって水洗いをし、水を切って器に盛りつけます。
かけそばの場合も一度ざるに移して水洗いをしますが、その後で少し温めてください。熱いだしをかけて食べることをおすすめします。また、野菜類やてんぷらと一緒に食べていただくのも良いでしょう。
丹波篠山いのうえ黒豆農園の丹波黒豆そばは、3人前がセットになっているので、1人前はざるそばに、もう1人前はかけそばに、そして最後の1人前は気に入った方で……としていただいても良いかもしれません。また、つゆもついているので、届いたその日にすぐにお召し上がりいただけます。

丹波黒豆そばは、黒豆のなかでも最高級品とされる丹波産の黒豆をぜいたくに練りこんだ一品です。「丹波の黒豆」というとお正月のおせち料理の定番ですが、その前日の大晦日の年越しそばに丹波黒豆そばを選ぶのもおすすめです。香り豊かでちょっと贅沢で、そして縁起の良い丹波黒豆そばは、一年の最後を締めくくり新しい一年を迎える「最初の食べ物」にふさわしいものだといえるでしょう。
また、そばは縁起物ですから、ご挨拶の贈り物にも最適です。

丹波篠山いのうえ黒豆農園の丹波黒豆そば(黒豆そば)のご購入はこちらからどうぞ
https://www.kuromame.co.jp/i/1500

The following two tabs change content below.

鍋谷萌子

食事関係の資格を5つ持つ、フードライターです。世界各国でグルメ旅行をしています。専門はチーズとワインとコーヒーですが、日本料理にも明るいライターです。 料理の品評・料理レシピの提供も可能。『だれでも作ることができて、ちょっとおしゃれで、少し目新しいきれいな料理』のレシピをおつくりします。