黒豆を通信販売という形でお取りよせ(産地直送)できるホームページです!黒豆茶・黒豆の煮汁も好評です!

15,000円以上で送料無料

目上の人に喜ばれるお中元~注目は健康促進の贈り物

目上の人に喜ばれるお中元~注目は健康促進の贈り物

お中元とは、夏に行うご挨拶です。その起源は道教にあるとされていますが、日本に入ってきて日本の文化と融合することで「親戚などのお世話になった人に対して、何か贈り物をする年中行事」というかたちに変化していきました。

また、年中行事のありかたは変わるものであるため、平成~令和の時代においては、「上半期にお世話になった人へ、区切りとして贈り物をする」という性格を持つようになりました。

お中元を贈る時期については、実は明確な決まりがあるわけではありません。また地方差もあります。ただ一般的には、6月の終わりごろから7月15日までの間に贈るものとされています。

もっとも、「時期を外したら絶対に渡してはいけない」というものでもありません。表書きを「暑中御見舞」あるいは「残暑御見舞」とすることで、9月(暦のうえでは8月の頭まで)まで贈ることができるといわれています。

なお、お中元を贈る際には熨斗紙を付けることもあります。この場合は、紅白5本のちょうちょ結びのものを選びます。紅白はおめでたい席(慶事)のときに用いるものです。またちょうちょ結びは、「何度繰り返しても良い贈り物」をするときに選ぶものです。

お中元には何を選ぶ?その基本について

「お中元に何を贈るか」「どれくらいの金額のものを贈るか」について考えていきましょう。

お中元の品物としてふさわしいのは、まずは「キエモノ」です。「消費してしまえば後に残らないもの」を選ぶのが望ましいとされています。後に残るものはどうしても個人の好みがあるため、贈る場合は慎重にならなければならないのです。

そして「キエモノ」のなかでも特に愛されるのが、「飲み物」「食べ物」です。夏は暑く水分をよくとりますから、ビールやジュースなどが好まれます。また、コーヒーや紅茶を贈る場合もあります。

食べ物としてよくピックアップされるのは、涼感を感じさせるものです。ゼリーやアイス、旬の果物などがよく選ばれています。和菓子のなかには、金魚や川、花火などをモチーフにとって作られたものもありますから、これらを選ぶとさらに喜ばれることでしょう。

また、涼感を誘う食べ物として、そうめんもよく選ばれています。土用の丑の日を意識するのであれば、ウナギを贈るのも良いでしょう。

ただ現在注目されているものに、「健康志向の食べ物」があることも忘れてはいけません。ご年配の方などに、健康を気遣う食べ物を贈ることも歓迎されています。「いつまでも長生きしてください」「健康に気を付けてください」「いつもあなたのご健康を気にかけています」という意味を込めて、みそや梅干し、ノンアルコール飲料などを贈る人もみられます。

お中元の相場は3000円~5000円程度だとされています。ただこのあたりは相手との関係性によっても多少違ってきます。

また、上限額は10000円程度だとされています。

健康食品として、黒豆を使った贈り物を選ぼう!

健康食品として、黒豆を使った贈り物を選ぼう!

https://pixabay.com/ja/

画像引用:Pixabay

今はさまざまな企業が「お中元用品」として、工夫とおいしさを閉じ込めた商品を出しています。これらももちろんすばらしいものなのですが、「黒豆製品」もお中元の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

黒豆には、大豆イソフラボンやポリフェノールといった体に良い成分がたくさん入っています。またご高齢の方になじみ深い味付けに仕上げられた品物も多く、受け取った人を喜ばせてくれることでしょう。

もちろん単品で贈っても良いのですが、贈答用の箱に入ったものを選ぶとさらに便利です。

これにはさまざまな種類があります。

お菓子をメインとしたもの

黒豆ケーキやあられ、豆菓子、焼き菓子、プリンなどセットにした商品です。洋菓子もあれば和菓子もある……というセットで、お子さん・お孫さんと一緒に楽しんでいただけるものです。

半年程度日持ちのするものもあるので、一度に食べきる必要がないのも魅力です。

お茶うけセット

黒豆茶と、甘納豆やきな粉黒豆などがセットになったものです。

お茶を別に用意する必要がなく、このセットだけで楽しいティータイムを過ごすことができるのが魅力のセットだといえます。

素材の味を楽しめるセット

きな粉黒豆や、黒豆をひいてきな粉にしたもの、炒った黒豆などをセットにしたものです。

「甘すぎるものが苦手」という人に喜ばれるセットであり、黒豆本来の味を楽しむことができるセットです。日持ちのするものばかりで構成されているため、ある程度量があっても賞味期限を気にせずに楽しめます。

ここで紹介したセットは、ほんの一部です。これ以外にも、黒豆を使ったお惣菜などをお中元として贈ることもできます。

「何を贈るべきか」「どのような組み合わせなら喜んでもらえるか」と、相手のことを考えながら選ぶ時間は、非常に大切で、貴重なものだといえます。このように「時間を割くこと」もまた、相手への感謝の気持ちに繋がるでしょう。

大切な人が喜ぶ姿を想像して選びたいものです。

出典:

https://www.takashimaya.co.jp/shopping/gift/summergift/FA16262/

The following two tabs change content below.

鍋谷萌子

食事関係の資格を5つ持つ、フードライターです。世界各国でグルメ旅行をしています。専門はチーズとワインとコーヒーですが、日本料理にも明るいライターです。 料理の品評・料理レシピの提供も可能。『だれでも作ることができて、ちょっとおしゃれで、少し目新しいきれいな料理』のレシピをおつくりします。