黒豆を通信販売という形でお取りよせ(産地直送)できるホームページです!黒豆茶・黒豆の煮汁も好評です!

15,000円以上で送料無料

ファスティングの効果とは?うまくいけば便秘解消になるか?

ファスティングの効果とは?うまくいけば便秘解消になるか?

「ファスティング」は、現在多くの人に実践されているダイエット方法です。
ファスティングはしばしば「プチ断食」とも呼ばれますが、今回は、「このファスティングによって、便秘は解消されるのか?」について解説していきます。

ファスティングっていったい何のこと?

ファスティングっていったい何のこと?

https://pixabay.com/ja/
画像引用:Pixabay

ファスティングは、「プチ断食」とも訳されるものです。
単純に「断食」とした場合は宗教における修行などによるものも含まれますが、「ファスティング」「プチ断食」とした場合は基本的にはこれは含みません。ファスティングのなかには宗教色をまとうものもありますが、基本的には「断食」よりももっとライトなものであり、手軽に取り組めるものであり、そしてすぐにやめられるものでもあります。

ファスティングは、長くても1週間程度を限界として、「固形物を食べない生活(あるいは固形物の摂取量を非常に少なくした生活)」を送ることをいいます。この期間中はローカロリーの飲み物だけを摂取することが基本となります。
なお、ファスティングに慣れていない人は、週末の2日間程度行うだけでよいとされています。「2日間であっても不安である」という場合は、半日~1日で実践するとよいでしょう。

ファスティングを行うことで、摂取カロリーを大幅に減らすことができます。
体重50キロの18歳~29歳の女性の基礎代謝は1110キロカロリーであり、体重1キロに該当するカロリーはだいたい6000~7200キロカロリーだとされています。このため、単純計算で、1か月に6~7日程度ファスティングを行えば、1か月に1キロ程度減らせるということになります。
このため、ファスティングは短期的なダイエットを目指す人によく利用されています。

また、普段から暴飲暴食をして胃腸を酷使している人の場合、ファスティングを行うことで胃腸を休ませられるというメリットもあります。

ただしファスティングは、同時に危険も伴うものです。低血糖を招きやすいですし、過剰な食事制限によって体重を落とした場合は筋肉も落ちて「体重は落ちたが、長期的に見たらダイエットしにくい体」になってしまうこともあります。
また、長期間にわたるファスティングや、持病を持っている人のファスティングは文字通り命をも奪いかねません。すでに食事療法を始めている人などは特に注意が必要です。必要に応じて、医師の診断を仰ぐようにしてください。

出典:厚生労働省「加齢とエネルギー代謝」
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-02-004.html

ファスティングは便秘解消の手段となりうるか?

ファスティングは便秘解消の手段となりうるか?

https://pixabay.com/ja/
画像引用:Pixabay

ファスティングの基礎知識を学んだところで、ここからはいよいよ本題である「ファスティングは便秘解消の手段になりうるか?」について考えていきましょう。

結論から言えば、これは、「便秘解消になるという説もあれば、便秘を悪化させるという説もある」というところに落ち着くことになります。

上でも述べたように、ファスティングを行うことで胃腸を休めることができます。休んだ胃腸が正常に動くようになるため、便秘も解消できるという説もあります。胃腸のぜん動運動もよく起こるようになり、便を外に押し出しやすくなるとしている製薬会社もあります。

ただ一方で、「ファスティングは食べるものの量を極端にコントロールすることになる。食べ物から摂取する水分量が減るし、便の量も少なくなる。ダイエットをしている女性は、そうではない男性に比べて便秘が多いとする説もある。そのため、ファスティングをすることで便秘が悪化する」と主張する専門家もいます。

このうちのどちらかだけが正しく、どちらかだけが間違っていると言い切ることはできません。
ただ、「水分の摂取」が重要であることは、どちらの説も否定していません。「水分を摂取すればするほど便秘が解消しやすくなる」とまではいえませんが、脱水症状にあると便秘になりやすいのは確かです。また、便もある程度の水分を含むことになるので柔らかくなり、なめらかに出やすくなります。

「ファスティングそのものが便秘に良いか、それとも悪いか」について結論を出すことは、現状では難しいといえます。
しかしファスティングでは「水分を摂取すること」は容認しています。このためファスティングをしながら適宜水分をとっていくことで便秘にアプローチする……という考え方が妥当なのではないでしょうか。

なお、便秘解消を考えるうえで有用な食品として、「黒豆」があります。黒豆は食物繊維が非常に豊富だからです。さらにこの黒豆を加工して作った「黒豆茶」は、上で挙げた「ファスティングをしながら適宜水分をとっていくことで便秘にアプローチする」という考え方にもよくマッチします。しかも黒豆茶はノンカフェインでノンカロリーであるため、カフェインに弱い人やダイエットを考えている人でも気軽に飲むことができます。

丹波篠山いのうえ黒豆農園の黒豆茶はこちらからどうぞ
https://www.kuromame.co.jp/ic/tea

「味を確かめてから買いたい」という人はこちらがおすすめです
https://www.kuromame.co.jp/i/0725

「日常的に使いたいので、まとめて買いたい」という人はこちらをご利用ください
https://www.kuromame.co.jp/i/0725-C

参考:
https://dokusogan.jp/blog/benpi/856/
https://www.sakuranosaku-clinic.com/fasting/
https://jhei.net/exer/diet/di01.html
https://www.carenavi.jp/ja/jissen/ben_care/control/control01.html
https://www.kenei-pharm.com/ebenpi/column/column_9/
The following two tabs change content below.

鍋谷萌子

食事関係の資格を5つ持つ、フードライターです。世界各国でグルメ旅行をしています。専門はチーズとワインとコーヒーですが、日本料理にも明るいライターです。 料理の品評・料理レシピの提供も可能。『だれでも作ることができて、ちょっとおしゃれで、少し目新しいきれいな料理』のレシピをおつくりします。