黒豆を通信販売という形でお取りよせ(産地直送)できるホームページです!黒豆茶・黒豆の煮汁も好評です!

15,000円以上で送料無料

フードコーディネーター推奨! 正月太り解消法

フードコーディネーター推奨! 正月太り解消法

https://pixabay.com/ja/

画像引用:Pixabay

「お正月に食べ過ぎて太ってしまった……」このように悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そこでここではそのような正月太りに対応するべく、フードコーディネーターの私が「黒豆を使ったダイエット」を提案します。

お正月料理はハイカロリー! 楽しい時期を過ぎるとやってくる体重増加の恐怖

お正月料理はハイカロリー! 楽しい時期を過ぎるとやってくる体重増加の恐怖

https://pixabay.com/ja/

画像引用:Pixabay

「お正月に食べ過ぎて太ってしまった」という人は多いのではないでしょうか。

黒豆やくりきんとん、だてまきなどは、たっぷりの砂糖を使って作ります。自宅でおせち料理を作ったことのある人ならば、「こんなに砂糖を入れるの?!」と驚いた経験もあることでしょう。

またほかの食べ物も、非常に濃い味付けをするのでカロリーも高くなります。もともとおせち料理は、「厨房を預かる人(昔の場合は、多くは女性)が正月三が日くらい休めるように」という理由で作られたものでもあるということから、「冷蔵庫のない時代に、三日間の間もつようにする必要」がありました。そのため大量の調味料を使って仕上げていたのです。

冷蔵庫があり、さまざまな食べ物が年末年始でも手に入るようになった現在においても、「定番の」おせちであれば、このような作り方をしていることが多いといえます。

また、「せっかくのお正月なのだから!」と、豪華でぜいたくなものを食べる人も多くいることでしょう。そしてそれらのなかには、非常にカロリーが高いものもあります。またお酒を飲む人や普段忙しく働いている人などは、「この時期だからこそ、食っちゃ寝しながら過ごしたい! お酒もたくさん楽しみたい!」と考えるのではないでしょうか。

このような「食べる楽しみ」は、お正月だからこそできるものです。「ダイエットのためだから」「体重が増えそうだから」と無理にがまんするのはよくありません。お正月は、楽しむためにあるのです。

ただそれでも、お正月が終わり、いざ出勤! となったときに、自分の体重が気になる人が多いのも事実です。

そのような「お正月の後にやってくる、体重増加の恐怖」に立ち向かうべく、黒豆を使ったダイエット方法について解説していきます。

酢漬け丹波黒豆と、蒸した丹波黒豆で行うダイエット!

https://pixabay.com/ja/

画像引用:Pixabay

お正月料理の一の重に入れられる「黒豆」はたしかにハイカロリーな料理ですが、これを使ったダイエット方法もあります。

ここでは、

  • 酢漬け丹波黒豆を使ったダイエット方法
  • 蒸した丹波黒豆を使ったダイエット方法

の2つを紹介します。

酢漬け丹波黒豆を使ったダイエット方法

酢漬け丹波黒豆とは、文字通り、丹波黒豆を酢漬けにものをいいます。

この酢漬け丹波黒豆のつくり方は、少しだけ煩雑です。

  • 1.生の黒豆を、しっかりと洗い上げる。
  • 2.1で洗った黒豆の水気を、キッチンペーパーで拭きあげる
  • 3.丹波黒豆を鍋にかける。弱火にして、丹波黒豆を乾煎りにしていく
  • 4.10分程度煎ったら、引き上げる
  • 5.煮沸消毒をしたガラス瓶(密閉ができるもの)の中に黒豆を入れる
  • 6.酢と黒砂糖、はちみつを合わせた液体をガラズ瓶に入れていく。黒豆がつかるくらいの量とする
  • 7.黒豆が酢を吸い込むので、適宜酢を足していく
  • 8.1週間程度経過したら食べる

酢漬け丹波黒豆は、「作った直後」に食べることはできません。

ただおせち料理を仕込むタイミングで作れば、ちょうどお正月休みが明けたころに食べられるようになります。

なお、酢漬け丹波黒豆については、この記事でも解説しています。メカニズムなどを詳しく知りたい人はこちらをどうぞ。▶https://www.kuromame.co.jp/blog/2020/09/19/diet-kuromame-suduke/

蒸した丹波黒豆を使ったダイエット方法

酢漬け丹波黒豆はさっぱりとした味も魅力的なものですが、「1週間も待てない!」という人もいるでしょう。そんな人には、「蒸した丹波黒豆を使ったダイエット方法」を紹介します。この「蒸した丹波黒豆を使ったダイエット方法」の場合、仕込んだ翌日には食べられるようになります。

  • 1.丹波黒豆を一晩水に漬けこみ、ふやかす。なお水の量は、丹波黒豆の2倍量とする
  • 2.1を15分程度蒸らす
  • 3.2を、1日に70グラムずつ食べる。そのまま食べても良いが、野菜やお好み焼き、スープなどに混ぜても良い

この方法は、芸能人が取り組んだダイエット方法としても有名になりました。

なお、この「蒸した丹波黒豆を使ったダイエット」もこちらで詳しく解説しています。
https://www.kuromame.co.jp/blog/2020/05/14/kankoku-diet-kuromame/

※上記では「丹波黒豆」としていますが、実際には一般的な黒豆でも作ることができます。ただ丹波黒豆は味・香りともに一般的な黒豆よりも優れているので、よりおいしくダイエットを行えるでしょう。

「お正月料理にと思って丹波黒豆を買ったが、余ってしまった……」「お正月料理に使う材料は大きなパックが多いので、つい持て余してしまう」という人にも、上記の「丹波黒豆を使ったダイエットレシピ」はおすすめです。おいしい黒豆を無駄にせず、ダイエットにも使えるうえに、余った黒豆も使いきることができますよ!

ダイエットにも使える丹波黒豆のお買い求めはこちらからどうぞ。
https://www.kuromame.co.jp/ic/nama

The following two tabs change content below.

鍋谷萌子

食事関係の資格を5つ持つ、フードライターです。世界各国でグルメ旅行をしています。専門はチーズとワインとコーヒーですが、日本料理にも明るいライターです。 料理の品評・料理レシピの提供も可能。『だれでも作ることができて、ちょっとおしゃれで、少し目新しいきれいな料理』のレシピをおつくりします。