黒豆を通信販売という形でお取りよせ(産地直送)できるホームページです!黒豆茶・黒豆の煮汁も好評です!

15,000円以上で送料無料

【フードコーディネーター推薦】黒豆の煮豆以外のレシピ3つ

【フードコーディネーター推薦】黒豆の煮豆以外のレシピ3つ

「黒豆」はそのまま食べてもおいしいものですが、「料理の食材」として使ってもおいしいものです。

ここでは、黒豆を、煮豆以外の使い方をして作るレシピを3つ紹介します。

カレーと掛け合わせるのはもはや定番?! 材料や時間、技術レベルで作るものを選び分けよう

カレーと掛け合わせるのはもはや定番?! 材料や時間、技術レベルで作るものを選び分けよう

「黒豆」と「カレー」を掛け合わせるのはもはや定番の組み合わせと言うべきものです。丹波篠山いのうえ農園でも、黒豆とカレーを掛け合わせたレシピを、3つも紹介しています。

の3つです。

同じ「黒豆を使ったカレー」ですが、方向性や材料は大きく変わります。

「鶏ササミと黒豆のカレー」の場合は、その名前の通り、鶏ササミ肉を使って作っていきます。カレー粉から作る料理ではりますが、作り方は意外とシンプルで、料理がそれほど得意ではない人でも作っていくことができるでしょう。材料もスーパーなどで手に入るものですから、「黒豆を使ったカレーを初めて作る」という人の場合は、まずはこの鶏ササミと黒豆のカレーから試してみることをおすすめします。

次に紹介する「【南インド風】黒豆カレー」は、かなり複雑なカレーです。ローリエなどの「比較的よく見るハーブであり、また手に入れやすい材料」で作る鶏ササミと黒豆のカレーとは異なり、【南インド風】黒豆カレーの場合は、ターメリックやクミン、カイエンペッパーやカルダモン、クローブといったハーブを使って作っていきます。これらのハーブはカレー作りにおいては有名なものなのですが、扱っていないスーパーも多く、少し苦戦するかもしれません。また、オリーブオイルやヨーグルト、生クリームといった材料もふんだんに使用して作っていきます。「いつものカレー」とはまったく異なる味に仕上がる【南インド風】黒豆カレーは、「一風変わったカレーを食べたい」と考える人におすすめです。

「黒豆入り本格派チキンカレー」は、鶏肉を使って作るカレーであるという点では「鶏ササミと黒豆のカレー」と一緒です。ただし、黒豆入り本格派チキンカレーの場合は鶏もも肉を使います。

ただそれ以上に大きい違いは、「黒豆入り本格派チキンカレーの場合は、【南インド風】黒豆カレーと同じく、『本格派のカレー』に分類される」という点でしょう。

黒豆入り本格派チキンカレーの場合は、シナモンやターメリック、コリアンダーにクミン、カイエンなどを使って作っていきます。カレーは世界中のあらゆる料理のなかでも、もっともハーブ類を多用する傾向にある料理のうちのひとつといえますが、黒豆入り本格派チキンカレーもその例に漏れません。いくつものスパイスを使い、複雑な味わいを出していきます。

鶏ササミと黒豆のカレーも、【南インド風】黒豆カレーも、黒豆入り本格派チキンカレーも、同じ「黒豆」を使ったカレーではありますが、方向性も何もかも大きく違います。もし時間があるのであれば、3種類のカレーを一度に作り、味の違いを確認していくのも楽しいものです。

黒豆でデザートを作ろう! 黒豆絞りを使った杏仁豆腐

黒豆でデザートを作ろう! 黒豆絞りを使った杏仁豆腐

自然な甘みのある黒豆は、デザートに使うこともできるものです。そんなデザートのうちのひとつが、「黒豆絞りを使った杏仁豆腐」です。

黒豆絞りを使った杏仁豆腐は、「杏仁豆腐」とはいっても、杏仁霜(あんにんそう)を使って作るデザートではありません。生クリームと牛乳、砂糖と寒天を使って作っていきます。そのため、杏仁豆腐にある独特の香りはないものの、非常に作りやすいというメリットがあります。近場のスーパーですべての材料を手に入れることができるのが大きな魅力です。

黒豆の黒色が美しいデザートです。黒豆絞りを使った杏仁豆腐は、デザートの多くがそうであるように、少し時間がかかります。寒天をひたすための時間として1時間以上が必要ですし、冷やし固める時間もいります。

ただ、手間はそれほどかかりません。料理に取り掛かる前にまずは寒天を浸し始め、それからほかの料理に取り掛かれば無駄がありません。

蒸し器不使用! 簡単!黒豆の中華風茶碗蒸し

蒸し器不使用! 簡単!黒豆の中華風茶碗蒸し

「茶碗蒸しを作りたいけれど、蒸し器の手入れが面倒……」

「蒸し器は持っていないけれど、茶わん蒸しに挑戦したい!」

このように考える人におすすめなのが、「簡単!黒豆の中華風茶碗蒸し」です。

簡単!黒豆の中華風茶碗蒸しの作り方は、途中までは一般的な茶わん蒸しの作り方と一緒です。卵を丁寧にこすことで、舌触りの良い茶碗蒸しになりますから、こす工程は省略しないようにしてください。

この料理の場合、蒸し器ではなく、鍋で作っていくことができます。鍋の3分の1程度の高さまでに水を張り、お湯を沸騰させます。その後5分程度中火にかけて、さらに10分程度弱火で蒸し、最後にのせたネギがしんなりするまで蒸したら完成です。

黒豆を使ったレシピはたくさんあります。いろいろ試してみてくださいね。

カレーに使われている黒豆はこちらです。

https://www.kuromame.co.jp/i/0603

The following two tabs change content below.

kuromame-1960